入院中にお酒を飲んでいた患者さん

入院中にお酒を飲んでいた患者さん

心配になるケース

患者さんの中には、色々なことが原因で入院をしてくることがあります。そしてその中には、生活習慣病となっていて、その生活そのものを見直す必要がある、患者さんも多く見られます。

 

 

そして、患者さんは入院をすることによって、自分の生活習慣を見直すことができ、退院したあとに、健康を取り戻すことができるということになります。
しかし、中には入院中に、その生活習慣をやめることができずに、我慢することなく実施する患者さんもいます。

 

 

 

そしてある患者さんの場合は、肝臓が悪くなったためにお酒を控えることを目的とした、患者さんがいたのですが、その患者さんは、入院中もお酒を我慢することができずに、過ごしていた人がいました。そのことを看護師が発見をして、その結果、強制退院をすることになりました。その患者さんは、入院をして生活を改めることが必要だったのですが、とても残念に思います。

 

 

その患者さんは、それ以後も外来にも来院することもなかったようですので、心配をしています。