患者さんの職種は様々です。

患者さんの職種は様々です。

まさかあの人が体験記!!

 

患護師をしていると、様々な職種の方に出会います。
素敵な出会いもありますが、かなり驚きの出会いもありまして・・

 

とても良くしてくださった、初老の男性。
いつも気さくに声を掛け、お菓子を「良かったら」と受け取れないといっても、
そっと手渡してくれる優しい方でした。

 

他の患者さんが、駄々をこねていると、静かに「困らせたら、看護師さん可哀想だよ」と
諭してくださるので、本当にありがたい存在でした。

 

看護師同士で、丁寧な方だね・・と話していましたが、いよいよ退院。
お世話になっていたので、医師と一緒に玄関までお見送りに行くと、
スーっと静かに黒塗りのベンツが、駐車場に入ってきて、運転席からは、
明らかに、その筋の方が「お帰りなさい!」と野太い声と共に出てきました。

 

その途端、初老の感じの良い男性は、ガラっと顔つきまで変わり「じゃあ、先生
お世話になりました」とベンツに乗ると、颯爽と帰っていかれました。

 

病院と、一歩外へ出た時の、あまりの変わりように私も医師も驚きました。
(医師も、時々患者として出会う事はあるようですが、あんまりにも穏やかだったので
気づかなかったようです・・。そういう方もいるんですね。